愛知の農地転用(農地転用許可・農地転用届出)なら 愛知農地転用.comにお任せ!太陽光(ソーラーパネル)設置にも対応。毎月3名様限定!ご相談は完全無料!

HOME » 農地転用Q&A » 農地に抵当権を設定したときの許可の要否

農地に抵当権を設定したときの許可の要否

Q.農地に抵当権を設定する場合、農地法3条許可は必要ですか?

A.許可は不要です。

農地法3条1項によると、以下のような権利の移転または設定がある場合、農地法3条許可が必要になります。

  • 所有権
  • 地上権
  • 永小作権
  • 質権
  • 使用貸借権
  • 賃借権
  • その他の使用収益権

抵当権については、「その他の使用収益権」には該当しないため、農地法3条許可は必要ありません。

なお、抵当権と同じ担保物権という部類に属する質権は、質権者に農地を占有をさせることになりますので、3条許可が必要になります。

お問い合わせはこちら

スポンサードリンク

織田行政書士事務所
代表者 行政書士 織田 隆史
所在地 〒481-0041
愛知県北名古屋市九之坪天下地158番地 CORPO ARION 305号室
TEL:0568-68-9698 / FAX:0568-68-9812
MAIL:info@aichi-noten.com
営業時間: 8:30~20:00 土日対応可能(※要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab