愛知の農地転用(農地転用許可・農地転用届出)なら 愛知農地転用.comにお任せ!太陽光(ソーラーパネル)設置にも対応。毎月3名様限定!ご相談は完全無料!

HOME » 市街化調整区域に建築する » 調べても分からない!?農地転用の理由書の書き方

調べても分からない!?農地転用の理由書の書き方

調べても分からない理由書農地転用許可の申請には、添付書類として理由書を提出しなければならないとする自治体がほとんどです。

理由書とは、なぜ農地を他の目的に使用するのか?なぜ数ある農地の中からその農地を選んだのか?など、農地転用をする理由や農地の選定した根拠などを作文のように書いた書類で、農地転用の添付書類の中では、おそらく最も面倒な書類です。

書き方を調べようとしてインターネットで農地転用の理由書を検索してみると、「農地転用においては他のどの書類よりも理由書が1番重要!」とはよく見かけますが、肝心な文章の事例や書き方を紹介するサイトは皆無となっています。

それはなぜか?

なぜなら、そこが狙いだからです。

理由書を書くには、ただ事実の羅列をするのでは不十分で、法令に沿った書き方が必要です。農地転用の計画が法令に反しいないことを県や農業委員会にアピールして許可を受けるためです。

県や農業委員会が納得してくれるような理由書を書くためには、法令の知識が不可欠で、いくら文章の書き方が上手でも検討違いのことを書いていると何度も修正を求められたり、最悪の場合、書き直しとなることもあります。

ですから、一般の方が書こうとすると、とても苦労するのです。私も最初は苦労しました。

業者はそこを狙っていて、理由書が1番重要!とか理由書は難しい!という言葉であなたの不安を煽りたてておきながら、一切、理由書の書き方やノウハウについて情報を公開していません。

そして最終的には「代行しております」とか「お任せ下さい!」といった売込根性丸出しの文章が綴られており、おそらくあなたはそんな現状にウンザリしているのではないでしょうか。

惜しまず理由書を公開します

このサイトでは、他のサイトとは違い、応用すれば誰でも理由書を書くことができるように、これまで私が実際に書き、提出し、許可を受けてきた理由書を惜しげもなく公開していこうと思っています。

分家住宅、駐車場、自己用住宅といった様々なパターンをご紹介しますので、あなたの状況に合わせて、いつでもどこでも参考にしてください。

あなたの一助となれれば幸いです。

※各都道府県、農業委員会によって法令の運用が異なる場合があります。このサイトを真似すれば必ず許可が取れるということを保証するものではありませんので、あらかじめご了承ください。

分家住宅の記入例

分家住宅の理由書の書き方① 実家から新築へ

分家住宅の理由書の書き方② 市外から実家近隣へ

分家住宅の理由書の書き方③ 賃貸から新築へ

「もっと見たい!」という方のための事例集

分家住宅の理由書事例集:実家から分家へ

分家住宅の理由書事例集:借家から実家へ

自己用住宅の記入例

自己用住宅

「もっと見たい!」という方のための事例集

自己用住宅の理由書事例集

店舗の記入例

店舗の理由書の書き方

「もっと見たい!」という方のための事例集

店舗の理由書事例集

駐車場の記入例

駐車場の理由書の書き方

太陽光発電設備の記入例

太陽光発電設備の理由書の書き方

お問い合わせはこちら

スポンサードリンク

織田行政書士事務所
代表者 行政書士 織田 隆史
所在地 〒481-0041
愛知県北名古屋市九之坪天下地158番地 CORPO ARION 305号室
TEL:0568-68-9698 / FAX:0568-68-9812
MAIL:info@aichi-noten.com
営業時間: 8:30~20:00 土日対応可能(※要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab